国家資格 雑記

勉強すると糖分が欲しくなる心理とは?糖分を摂取する効果を解説します!

初めに

勉強してるとき、突然甘いもののことしか考えられず

つい近くのコンビニへ走ってしまった経験はありませんか?

 

脳を働かせるには糖分が必要だ、

勉強の疲労回復には糖分を取ると良いという話は

1度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

 

私はそんなことないだろと思ってた人でしたが、

つい最近の国家資格試験勉強中に甘魔(睡魔的な)に襲われ

コンビニへ直行してしまいました。

 

これは人間の仕組みがそうしているようで

勉強で使ったエネルギーを脳が欲するため

無性に甘いものが食べたくなります。

 

この記事ではその仕組みについて

論理的に解説していこうと思います!

 

勉強すると甘いものが食べたくなるのはなぜ?

人間は勉強などで頭を使うと、そのエネルギーとして

血中の「ブドウ糖(血糖)」を使います。

 

その為、血糖値が下がり疲れた脳が糖分を欲するのです。

人間の仕組みとして仕方がないということですね!

 

しかし!その際に大量に糖分を摂取すると血糖値が爆発的に上昇します。

実は「ブドウ糖」は単独ではエネルギーになりません。

膵臓から分泌される「インスリン」によって細胞の中へ取り込まれ、

初めてエネルギーとなります

 

そして、「インスリン」を分泌しようと脳が働くため

疲れを感じたり眠くなったりします。

 

この流れを簡単に説明すると、

勉強でエネルギーを使う甘いものが欲しくなり糖分を摂取する

脳が糖分を取り込もうと「インスリン」を分泌脳が疲れ眠気を感じる

といった感じになります。

 

甘いものなんか食べたら悪循環じゃねーか!となった方。

ここまで聞いて本当にメリットなんてあるのかと思いますが、

甘いものを食べるメリットも紹介します。

 

勉強中に甘いものを食べるメリット

脳が働くには糖分が必要!

よく耳にしていた脳を働かせるには糖分が必要だ。は合っています

脳は体で最も多くのエネルギーを消費し、

そして脳は糖分しかエネルギーとして吸収することができません。

 

その為脳をフル回転させる勉強では糖分が必要不可欠と言えます。

だからと言って糖分を過剰摂取すると、

前述通りインスリンが大量に分泌され強い眠気を感じます。

 

適度な補給が大事と言えます

 

誰でもできる試験勉強を短時間で終わらせる為の

暗記のコツを紹介しています↓

勉強すると糖分が欲しくなる心理とは?糖分を摂取する効果を解説します!

目次~mokuji~1 初めに1.1 勉強すると甘 ...

続きを見る

 

まとめ

・人間の仕組みで、脳を働かせると糖分を欲する

・糖分を摂取しすぎると余計に疲れや眠気を感じる

・適度に休憩と糖分補給をすることが大事

 

いかがでしたでしょうか、

なんとなく甘いもの食べたら眠くなるなーという自覚はありましたが

このような仕組みで眠くなっていたんですね!

体の仕組みを知り、上手に勉強をしていきましょう。

-国家資格, 雑記
-, , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 高卒リーマンの国家資格挑戦日記 Powered by AFFINGER5