国家資格

公害防止管理者水質4種の勉強時間、方法について有資格者が徹底的に解説

公害防止管理者の水質4種に合格した時の

勉強時間や勉強方法を紹介していきます!

 

まず、結論から言うと水質4種は3科目あり、

勉強時間は50時間で3科目中の2科目に合格し、

20時間で残りの1科目合格しました。

 

勉強方法は過去問とテキストの2刀流で勉強しました。

 

水質4種の試験は1年に1度しかないので

しっかりと勉強して確実に1回で合格できるよう勉強しましょう。

それでは本編で詳しく解説します。

 

水質4種 勉強時間

私は水質4種は試験を2度受けて3科目合格し、資格を取得しました。

 

1回目は過去問のみを2ヶ月で50時間ほど勉強し、

水質概論、汚水処理特論の2科目に合格しました。

 

2回目はテキストを購入し、テキストと過去問を活用して

1ヶ月で20時間ほど勉強して公害総論に合格しました。

 

1年の間が空いていますが、トータルの勉強時間は70時間です。

 

初めから過去問とテキストの2つで勉強していれば

50時間の勉強で一発で合格できたと思います。

 

水質4種 勉強方法

水質4種の勉強方法は先述したとおり

2つのテキストを使用し勉強しました。

1、過去問

2、テキスト

どのようなものなのか詳しく解説します。

 

水質4種 おすすめ過去問題集

水質4種のおすすめテキストはこれ↓

この過去問題集1択です!!

 

購入する際に気をつけなければいけないことは

公害防止管理者の問題は年々数字が変わるため

常に最新の過去問題集を購入してください!

 

数年前までは増加傾向であったものが

最近では減少傾向であるというような問題についていけません。

 

水質4種 おすすめテキスト

テキストについてもこれ1択だと思います。↓

このテキストは水質の4から1種の5科目が収録されています。

値段は少ししますが、公式のテキストと言っても良いほど

このテキストで勉強したら間違いありません。

 

過去問題集でも言いましたが、最新のものを購入してください!!

 

水質4種 勉強方法

水質4種の勉強方法はまず過去問からこなしていきました

 

基本的に過去問だけで合格できますが、

念の為テキストでも勉強しておいた方が良いです。

 

比率としては

過去問題集:8

テキスト:2

くらいの割合で勉強しましょう。

 

大体過去問題集を5周、テキストを2周やれば

水質4種は合格できると思います。

 

まとめ

・水質4種 勉強時間

1回目 50時間勉強で2科目合格

2回目 20時間勉強で1科目合格

トータル 70時間

 

・おすすめテキスト

過去問題集


テキスト


・勉強方法

主に過去問題集を中心に勉強しましょう

時間に余裕ある方はテキストもさらっと見ると良いです。

 

-国家資格
-, , , ,

© 2022 高卒リーマンの国家資格挑戦日記 Powered by AFFINGER5