丙種化学特別 国家資格

高圧ガス)丙種化学特別試験合格に使用したテキストと勉強方法を紹介

高圧ガス製造責任者に区分されている

【丙種化学特別】の試験に合格しました。

 

私が試験勉強に使用したテキストはたったの1冊

これ1冊で合格できるのが証明できたので

この記事では試験勉強に使用したテキストと

勉強方法、勉強時間を紹介します。

 

丙種化学特別 おすすめテキスト

私はこのテキストのみを勉強し、合格できました。

内容も良くかなりおすすめできます。↓

 

このテキストは基礎から学習でき、徐々に試験問題に出るような内容に

移っていくのでとても分かりやすいのが特徴です。

 

内容ごとに問題があり、理解度が深まります。

さらに、過去問を含めた問題集もありますので、

試験対策もバッチリできます。

 

私の感覚では丙種化学特別は過去問だけの勉強だと

合格できない可能性があるのでこのテキストで学習してみてください。

 

丙種化学特別の難易度と過去問だけでは合格できない理由を紹介↓

 

丙種化学特別 勉強方法

丙種化学特別の試験は3科目あり、

法令

保安管理技術

学識の3つです。

 

科目ごとにどのように勉強していけば良いか、

実際にどのように勉強したか紹介します。

 

法令

法令については完全に暗記科目です。

特に法については数字を覚えなければいけないので

そこで苦戦するかもしれません。

 

ですが、時間をかけてしっかりと暗記さえしたら

合格できますので頑張りましょう。

 

保安管理技術

保安管理技術は主に保安についての出題が多いです。

高圧ガスを安全に使用するための知識を問われるので

安全だと思う方の解答をしたら正解になると思います。

 

高圧ガス関連の仕事に従事している方は

保安管理技術で出題される問題は当たり前だろというものが多いので

難易度は低いと思います。

 

学識

学識については暗記に加えて計算問題もあります。

この計算問題は絶対に落とさないようにしましょう。

 

勉強方法としては

まず暗記するところから始めて、

計算問題は試験の3日前くらいから

公式を詰め込むというやり方がおすすめです。

 

公式はそこまで多くないです。

 

丙種化学特別の過去の合格率と科目別難易度を紹介↓

 

丙種化学特別 合格までの勉強時間

丙種科学特別は試験の2ヶ月前から勉強を始めました。

大体1日40分くらいの勉強で、

試験直前は多めに勉強をしていたので

トータルの勉強時間は50時間ほどです。

 

高圧ガスについて関係している職業等に就いてる方は

これくらいの勉強時間で合格ができると思います。

 

先述したように、特に保安管理技術については

あまり勉強の必要はありません。

 

未経験の方については50時間プラスアルファで勉強しましょう。

 

まとめ

・おすすめテキスト

これ1冊で合格できました!

 

・勉強方法については学識の計算問題を落とさないようにしましょう。

保安管理技術にはあまり時間を割かず、法令と学識の暗記に重点を置いて

学習していきましょう

 

・合格までの勉強時間は約50時間ほどです。

高圧ガスに関わることがあまりないという方は

もう少し多く勉強時間をとりましょう。

-丙種化学特別, 国家資格
-, , , ,

© 2022 高卒リーマンの国家資格挑戦日記 Powered by AFFINGER5