国家資格

【面接が命】大企業の面接はここを見る。面接を受けた感想と面接時に気をつけるべき事を実体験から紹介します。

初めに

私は高卒でいま勤めている会社に入社しました。

入社した会社は世間一般で言うところの大企業で

入社試験では面接をしました。

この記事では大企業に入社を考えている人、

就活で面接に苦戦している人に向けて

私なりの入社試験時の面接の経験談と注意点を紹介します。

会社側は面接重視

会社側は面接の時にその人の学力よりも

面接での人柄を重視します。

就職試験の合否は8、9割が面接と言っても

過言ではありません。

もちろん最低限の基礎知識はいると思いますし、

学歴も重要だと思います。

ですが、面接が重視されると言うことを覚えておき

入社試験では面接に一番力を入れましょう。

面接時の注意点

私が思う面接時の注意点は3つあり、

1、元気よくハキハキとした声

2、発言は常に一番最初にする

3、緊張しても問題ないくらいの練習量

以上の3つです、順に解説します。

元気よくハキハキとした声

面接において声というのは非常に重要です。

面接官がその人を知る一番最初の印象は声になります。

もちろん服装もありますがそんなのは

全員完璧にしてくるので大差ありません。

声で第一印象を良くしましょう。

張り上げる必要はありませんが、

面接官がうるさいなと思うくらいには出して構いません。

声量に自信が無いという方でも

ハキハキとした口調で受け答えができれば問題ありませんので

練習ではそこを意識しましょう。

応援団並みに声を張り上げましょう!

発言は常に一番最初にする

私が面接をしたときは

複数人で集団面接という形でした。

面接官からの質問に対して

一番に発言することはとても重要です。

何も思い浮かばなくて下を向いて考えているのは

印象が悪いのでサッと手を挙げて

一番に発言することを意識しましょう。

何も浮かんでいなかったとしても

自分のことを聞かれて、自分のことを言うので

少しはどうにかなります。

それより下を向いて考えている方が×です。

緊張しても問題ないくらいの練習量

面接では緊張をするなという方が難しいです。

本当に入りたい企業で自分の人生がかかっていますから

誰だって緊張します。

でも緊張していたら面接に悪い影響が出ます。

そうならない為に面接の練習はたくさんしましょう。

王道の質問に対する答え(志望理由等)は

寝言で言ってしまうくらい練習しましょう。

緊張していても無意識にすらすら言えると

本番も気が少し楽になり、良い結果に結びつきます。

面接での経験談

面接ではもちろん大きな声を張り上げていました。

質問されそうな内容の返しは全て頭に入れて

すらすら言えるまで練習しました。

本番も発言を一番最初にする為に

全ての質問で素早く手を上げていました。

実際にされた質問は以下の通りです。

実際にされた質問

・志望動機(なぜ弊社を選んだのか)

・高校時代頑張ったこと(部活動など)

・得意科目 不得意科目

・入社して何をしたいか

などなどです。

この辺りの質問は常套ですので

回答は必ず準備しましょう。

何度も言いますが就職試験、入社試験では

面接が最重要項目です。

前日は眠れない

入社試験前日の夜は全く眠れませんでした。

それくらい緊張や不安がありました。

それでも私は合格できていますので

皆さんがもし前日に眠れなくても

特に焦ることなく、練習したことは存分に発揮しましょう。

その為にもしっかりと練習して試験に臨みましょう。!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

-国家資格
-, , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 高卒リーマンの国家資格挑戦日記 Powered by AFFINGER5