丙種化学特別 国家資格

高圧ガス)丙種化学特別の合格体験記。テキストや勉強時間を紹介します

先日の高圧ガス 丙種化学特別の試験に1発で合格できました。

 

丙種科学特別の過去の難易度や試験勉強から本試験の内容など

徹底的に解剖していき、皆さんに有益な情報をお届けします。

 

丙種化学特別試験について詳しく知りたい方、

1発合格を目指している方はぜひこの記事を参考にしてください。

 

丙種化学特別とは

丙種化学特別とは

高圧ガス製造保安責任者に区分されている

免状の種類のことです。

 

高圧ガス保安協会が管轄しており、

高圧ガスなどの保安係員に選任される事ができ

主に保安の実務を行います。

 

工場や高圧ガス製造所など、高圧ガスを取り扱うところでは

この資格を有する者は保安係員となり

危険な高圧ガスを安全に取り扱わなければいけません。

 

丙種科学特別 合格率と難易度

高圧ガス製造保安責任者 丙種化学特別(以下丙種化学特別)の

過去2年の合格率をこのようになっています。

2020年度 38.8%

2019年度 51.8%

 

年によってばらつきはありますが合格率が約40%となっており

簡単な資格ではありません。

 

ばらつきがある理由としては、過去問から試験問題が多く出る年と

そうでない年がはっきりしているからと推測します。

 

過去問ばかりの勉強では合格できない可能性がありますので

注意してください。

 

丙種化学特別試験合格に使用したテキストと勉強方法を紹介しています↓

 

丙種化学特別 合格率が低い3つの理由

1、科目合格がない

2、合格基準が高い

3、過去問だけの勉強では合格は難しい

以上の3つです。順に解説していきます。

 

科目合格がない

丙種化学特別の試験には科目合格がありません。

これは高圧ガス関係の資格全てに言えます。

 

科目合格というのは、

例えば丙種化学特別の3科目のうち

2科目が60%以上で合格していた場合、

翌年は合格していたその科目は合格扱いとして

残りの1科目合格したら資格取得というものです。

 

ある程度の難易度の資格には科目合格という制度がありますが

高圧ガス関係の資格にはそれがありません。

 

ですので、1回の試験で3科目全てに合格する必要があり

難易度が上がっています。

 

2、合格基準が高い

丙種化学特別の合格基準は

全ての科目で60%以上の正答で合格となっています。

 

この基準は一般的ではありますが高いです。

 

さらに、先述したとおり科目合格がありませんので

合格基準はさらに高くなっています。

 

3、過去問だけの勉強では合格は難しい

大抵の試験は過去問だけの勉強で合格できますが、

丙種化学特別の試験ではそれは難しいです。

 

先述しましたが、

2019年度の合格率38.8%はその影響が大きいと思います。

 

2021年度についても、学識という科目で

過去問で見た事ない問題がたくさん出て苦戦したという声もありますので

過去問だけでなくテキストを活用しましょう。

 

丙種化学特別 科目別難易度

私が実際に試験勉強をして試験を受けた身として

3科目ある中の難易度の順番は

保安管理技術→法令→学識 です。

 

・保安管理技術

保安管理技術は主に保安についての出題が多いです。

高圧ガスを安全に使用するための知識を問われるので

安全だと思う方の解答をしたら正解になると思います。

 

高圧ガス関連の仕事に従事している方は

保安管理技術で出題される問題は当たり前だろというものが多いので

難易度は低いと思います。

 

・学識

学識については3科目の中でダントツで難しいです。

特に計算問題が難易度が高く、捨ててしまおうと思いがちですが

それでは合格できません。

 

計算問題は絶対に落とさないようにしましょう。

 

・法令

法令は保安管理技術に比べるとかなり難易度が上がります。

 

色々な資格の試験を受けていると法令は簡単な部類になりますが、

丙種化学特別はそういうわけにはいきません。

 

覚えなければいけない【数字】がたくさんありますし、

試験問題もややこしい文章で出題され、

しっかりと理解していないと正答できません。

 

丙種化学特別 合格までの勉強時間

丙種科学特別は試験の2ヶ月前から勉強を始めました。

大体1日40分くらいの勉強で、

試験直前は多めに勉強をしていたので

トータルの勉強時間は50時間ほどです。

 

高圧ガスについて関係している職業等に就いてる方は

これくらいの勉強時間で合格ができると思います。

 

先述したように、特に保安管理技術については

あまり勉強の必要はありません。

 

未経験の方については50時間プラスアルファで勉強しましょう。

 

丙種化学特別 おすすめテキスト

 

私はこのテキストのみを勉強し、合格できました。

内容も良くかなりおすすめできます。↓

 

 

このテキストは基礎から学習でき、徐々に試験問題に出るような内容に

移っていくのでとても分かりやすいのが特徴です。

 

内容ごとに問題があり、理解度が深まります。

さらに、過去問を含めた問題集もありますので、

試験対策もバッチリできます。

 

私の感覚では丙種化学特別は過去問だけの勉強だと

合格できない可能性があるのでこのテキストで学習してみてください。

 

まとめ

・過去2年の合格率

2020年度 38.8%

2019年度 51.8%

 

・合格率が低い3つの理由

1、科目合格がない

2、合格基準が高い

3、過去問だけの勉強では合格は難しい

 

・科目別難易度

保安管理技術→法令→学識

 

・おすすめテキストはこれ

これ1冊で合格できました!

・勉強方法については学識の計算問題を落とさないようにしましょう。

保安管理技術にはあまり時間を割かず、法令と学識の暗記に重点を置いて

学習していきましょう

 

・合格までの勉強時間は約50時間ほどです。

高圧ガスに関わることがあまりないという方は

もう少し多く勉強時間をとりましょう。

-丙種化学特別, 国家資格
-, , , ,

© 2022 高卒リーマンの国家資格挑戦日記 Powered by AFFINGER5